交通事故の慰謝料,どこまで認められる?

2016-12-01

 交通事故事件で,相手方との示談交渉で争いになる項目の典型例が慰謝料の額です。

 そして,慰謝料は,基本的に精神的な苦痛に対して認められるものです。

 それでは,精神的な苦痛を感じるようなことがあれば,慰謝料は必ず認められるのでしょうか?

 今回は,交通事故事件でよく問題になるケースについて,慰謝料の請求が認められるかどうかについて見ていきたいと思います。

 

1 ケガをしたり死亡したことによる被害者本人からの慰謝料請求

 まず,交通事故でケガをした場合の被害者本人からの慰謝料請求ですが,基本的に入通院慰謝料として認められることになります。ただし,この場合でも,交通事故の衝撃が極めて軽微であり,事故によってケガをしたかどうかが疑われるようなケースの場合には,慰謝料が必ず認められるとは限りませんので注意が必要です。

 同様に,被害者が亡くなった場合でも,被害者本人の慰謝料請求権が発生するとされています。この場合,亡くなった方は請求できませんので,相続人である遺族が請求することになります。

 

2 本人以外からの請求

(1) 被害者本人が死亡した場合

 この場合に近親者からの慰謝料請求が認められることは民法711条に規定があり,さらに,ケースによっては,711条に列挙されている近親者以外の者からの請求が認められることもあります(最高裁昭和49年12月17日判決)。

(2) 被害者本人がケガをした場合

 例えば,お子様が交通事故でケガをしたことによって,親御さんがお子様のことを思って精神的な苦痛を被ることは珍しくないと思います。このような場合に親御さんから加害者に対して損害賠償請求は可能なのでしょうか?

 この点は,不可能とまでは言えませんが,基本的には,被害者本人が請求すれば足りることから,かなり難しいと言っていいでしょう。

 判例では,最高裁昭和33年8月5日判決が,10歳の娘が交通事故で顔面に著しい損傷を負ったケースで,「その子の死亡したときにも比肩しうべき精神上の苦痛を受けたと認められる」として,母親からの慰謝料請求を認めたものもありますが,かなり例外的なケースであると考えられます。

 

3 物損についての慰謝料

(1) 車の場合

 これも珍しくないケースですが,交通事故に遭った車が非常に思い入れのある車で,その車が事故に遭って傷つけられ,さらには全損扱いとなって修理費用すら出ないというときに,慰謝料の請求ができるのでしょうか?

 この点については,必ず認められないというわけではありませんが,実務上は,「通常は,被害者が財産的損害の填補を受けることによって,財産権侵害に伴う精神的損害も同時に填補されるものといえる」(東京地裁平成元年3月24日判決)などとして基本的に否定されることになります。ただし,例外的に認められる可能性もあります。

(2) 認められる場合

 それまで大事にしていたペットが死亡した場合や,事故で家屋を破壊されたような場合には,慰謝料の請求が認められることがあります。

 

4 まとめ

 精神的な苦痛があれば,慰謝料の請求は当然に認められても良さそうなものですが,以上のように実際には認めれられないということも少なくありません。

 ただし,認められるかどうかはケースバイケースですので,お困りの場合は一度弁護士にご相談ください。