弁護士紹介

交通事故に特化した弁護士があなたの強い味方になります

 

 

自己紹介 弁護士 福留 謙悟

 1983年(昭和58年)生まれ,長崎県長崎市出身

 九州大学法学部卒業

 趣味は,スポーツ観戦や子供との時間を過ごすことです。

 

当事務所の特徴

 交通事故事件は,事故状況やケガの内容の証明や,損害額の計算方法が複雑であったりするほか,保険の仕組みや社会保障制度との関係が問題となるなど非常に専門的な分野です。

 当事務所の特徴は,交通事故事件の取り扱いが圧倒的に多いということにあります。私がこれまでに担当してきた案件の9割以上が交通事故事件であり,現在取り扱っている案件も9割近くが交通事故に関するものです(H29.9現在)。

 弁護士の場合,医師のように専門弁護士の認定というものがありませんが(平成29年3月現在),それでは,弁護士であればどんな事件でも解決できるのかというとそのような簡単なものではなく,どの弁護士でも,得意分野・不得意分野というものは確実に存在します。

 そのため弁護士にご依頼される場合には,その分野に精通している弁護士を選択する必要があるのです。

 当事務所は,交通事故で最も多いむち打ち症から重度の後遺障害,被害者が亡くなってしまった案件など,取り扱い事件の大部分を交通事故が占めており,そこで培ったノウハウを元に迅速で確かなサービスが提供できるように努めております。

 また,ご依頼者様と方針についてよく話し合い,個々の事例でどのような方法を選択すればいいのかを検討した上で,ご依頼いただいた方お一人お一人のために力を尽くすことを心がけております。

 今後も,より良いサービスをご提供できるように日々研鑽を積んでまいりますので,よろしくお願いします。

代表弁護士 福 留  謙 悟

 

これまでに携わってきた事件

・事故の状況と過失に争いがあり,相手方の主張を退けた事件
・後遺障害等級に不服があるとして自賠責に異議申し立てをして,等級を覆した事件
・個人事業主の休業損害および逸失利益に争いが生じた事件
・被害者が亡くなられて慰謝料や逸失利益に争いが生じた事件
・その他,賠償金額や相手方とのやり取りについて問題が生じた事件

 

メッセージ

 交通事故事件は,法律論のほかに保険や医学的な問題も絡む専門的な分野です。

 交通事故の被害に遭われた方は,そういったことについて詳しい知識をお持ちでない方がほとんどだと思います。

 そんな中で,保険会社から一方的に説明を受けると,「自分が被害者なのに…」「保険会社が言うんだから受け入れないといけないのか」という思いになることもあると思います。

 しかし,何が正しいのかを決めるのは保険会社ではありません。

 言うべきことについては,きちんと主張をする必要があります。

 私は,弁護士として,あらゆる視点から事件を検討し,ご依頼者様に依頼してよかったと言っていただけるような事務所を目指しており,理不尽な扱いに対して毅然とした態度で闘うことは弁護士としての使命であると考えます。

 弁護士に相談するのは敷居が高くて難しいという方もいらっしゃるかと思いますが,法律的な問題を解決するためのサービスを提供するという意味では,弁護士も他のサービス業と違いはありません。

 また,病気になった場合に早めに病院に行った方がいいのと同じように,法律問題も,早期にご相談をされることが重要ですので,お困りのことがあれば,お気軽にご相談ください。

 後遺障害が残った場合はもちろん,むち打ち症でも弁護士にご依頼いただく価値は十分にあります。

 当事務所では,初回のご相談を無料で対応させていただいておりますので,費用面でも安心してご相談いただくことが可能です。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る