弁護士費用

※物損のみの場合,特約の加入の有無にかかわらず,原則としてタイムチャージ(1時間の執務ごとに2万円(税別))によることとなります

1.弁護士費用特約の加入がない場合

 交通事故の被害者の方は,相談料・初期費用がかかりませんので,弁護士を利用するメリットがあるかどうかも含めてお気軽にお問い合わせください。

2.弁護士費用特約の加入がある場合

 保険会社によって基準に違いがあることがありますが,着手金,成功報酬は一般的に保険会社で採用されている基準を以下に示します。

 

 弁護士費用特約に加入されている方の場合,保険を使用することで,ご自身では費用をお支払いいただくことなく弁護士にご依頼いただくことができ,特約に加入されていない場合よりもメリットが大きくなります。

 この場合,保険会社が採用している基準により,相談料・着手金・成功報酬が発生します。

 費用は保険から支払われますので,ご依頼者様が弁護士費用を負担することはなく,費用の請求も保険会社に対して行います。そのため,依頼者様は相手方から支払われた賠償金をそのまま受け取ることができます(※)。

(※)事件の難易度に応じて,保険会社の認める範囲で,費用が増額することがあります。

(※)保険会社の多くは,支払い可能な保険金額を300万円と設定しており,賠償金額が非常に大きい場合には弁護士費用がこの上限額を上回り,その限度ご負担いただくものが生じることがありますが,その場合でも,弁護士費用は回収金額の中から超過分を差し引くことでお支払いいただくことにより,ご依頼者様に新たな経済的負担が生じることはありませんのでご安心ください。

 例)回収見込額及び回収金額が共に2000万円で,保険金の上限が300万円である場合(この他に交通費・通信費等の実費が発生します。)

 着手金:2000万円×5%+9万円=109万円
 成功報酬:2000万円×10%+18万円=218万円
 合計額:109万円+218万円=327万円
 超過額:327万円-300万円=27万円
 差引お渡し額:2000万円-27万円=1973万円

弁護士費用特約の利用方法についてはこちら→「弁護士特約の利用」

 

交通事故以外の事件の費用については内容により異なりますので,お問い合わせください。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る