よくある質問と回答

Q 弁護士費用が高額にならないか不安です。

 着手金をいただかない成功報酬型ですので,新たに経済的な負担が生じることはありません。

 弁護士費用特約に加入されている方の場合,保険会社の基準に基づいて保険金でお支払いいただくことになりますが,多くのケースで自己負担なくご依頼いただくことが可能ですので,特約に加入されていない場合と比べてさらにメリットが大きくなります。

 仮に,特約に加入されておらず,弁護士費用を支払うことでかえってマイナスになるような場合には,契約の前にその旨をお伝えしますので,ご安心ください。

 まずは,弁護士に依頼することでプラスになるのかお気軽にご相談ください。

 当事務所の弁護士費用の詳しい内容についてはホームページ上で公開しておりますので,こちらをご覧ください。

 

Q 本当に無料で相談できるのですか?

 当事務所では法律相談を無料でお受けしております(弁護士費用特約に加入されている方の場合,保険会社の基準に基づいて保険会社から支払われます。)。

 法律相談を無料で実施しているのは,そもそも弁護士に依頼してメリットがあるのかどうかについての判断が難しいため,まずは気軽にメリットがあるのかを確認していただきたいからです。

 また,相談料を無料とすることができるのは,実際にご相談いただければ,依頼するメリットが大きいケースが非常に多いからです。

 したがって,ご相談に来られたからといって事件の依頼をしなければならないということは全くなく,意図に反して費用が発生するということはありませんのでご安心ください。

 少しでも気になることがある場合にはお気軽にご相談ください。

 

Q 弁護士費用特約を使うことでデメリットはありませんか?

 弁護士費用特約を使っても等級が下がることはなく,保険料が上がるといった不利益はありませんので,特約を付けられているのであれば,積極的に弁護士を利用することをおすすめします。

 

Q 相手方と特に揉めてもいないのですが,弁護士に依頼しても良いのでしょうか?

 事故直後で,相手方がきちんと対応してくれているように見えても,本当は請求できるのに支払いが漏れているといったことがあったり,慰謝料については金額を低く見積もられているということがほとんどです。

 また,治療中,必要な治療や診察を受けていなかったために,治療費の支払いが打ち切られたり,後遺症が認められなかったりすることもあり,「早めに弁護士に相談しておけばよかった。」とおっしゃる方が多くいらっしゃいます。

 適正な賠償を受けるために,できるだけ早い段階でご相談いただくことをおすすめします。

 

Q 過失割合は決まっているからと言われたのですが,納得するしかないのですか?

 たしかに,交通事故の過失割合には実務上の相場があり,相手方の保険会社が対応している場合にはそれにしたがって過失割合を決めていることが多いため,大きく過失割合を変更することは難しいことが現実です。

 ただ,事故の当事者である相手方本人が極端な主張をしている場合や,一般的な事例とは異なる事情があるようなときは,過失割合が大きく変更されることもありますので,一度ご相談ください。

 

Q 駐車場はありますか?

 当事務所専用の駐車場はございませんが,近隣に有料の駐車場が多数ございますので,そちらのご利用をお願い致します。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る