死亡事故と年金

死亡事故に関して加害者に損害賠償請求することができるものの中で代表的なものは,慰謝料と逸失利益です。

このうちの逸失利益とは,事故に遭うまで収入を得ていた人が,事故に遭ったことによってそれが得られなくなったことによる賠償を求めるものです。

したがって,請求することのできる金額は人によって異なり,基本的に事故前にどの程度の収入があったかということに依存することになります。

しかし,交通事故の死亡者数の約半数が高齢者であるという現在の状況では,必ずしも被害者が仕事をしているとは限らず,年金収入で生活をしていたということも珍しくはありません。

そこで,死亡事故の場合に,年金収入を元に逸失利益を請求することができるのかが問題となります。

 

年金は逸失利益といえるのか

かつては,年金はあくまでも被害者本人のために支払われる性質のもので,逸失利益としての相続人からの請求は認められないのではないかという議論がありましたが,現在では,老齢基礎年金などについて逸失利益にあたることに特に争いはありません(最高裁平成5年9月21日判決)。

また,国民年金法による障害基礎年金や厚生年金保険法の障害厚生年金についても逸失利益にあたるとされています(最高裁平成11年10月22日判決)。

しかし,被害者が生前受け取っていた年金がすべて逸失利益として請求することができるかというとそうではありません。

 

否定された例

遺族厚生年金については,もっぱら受給権者自身の生計の維持を目的とするものであることや,受給権者自身が保険料を拠出していないこと,受給権者の婚姻や養子縁組などによって受給権が消滅することもあることを理由として逸失利益として請求することができないとされています(最高裁平成12年11月14日判決)。

また,年金の中には,加給年金といって,年金を受け取る人によって生計を維持されている配偶者や子供がいる場合に年金額が加算されるものがありますが,この加給分についても逸失利益として請求することはできないとされています(前掲最高裁平成11年10月22日判決)。

 

生活費控除率

死亡逸失利益の請求の場合,本人の生活費が不要になったことを考慮して,賠償金額からの生活費の控除が行われますが,年金の場合,生活費に充てられる割合が大きいという判断から,仕事による収入の逸失利益の場合と比較して,より高い控除率が設定されることが多いです。

 

年金受給前の事故

逸失利益の賠償額は,基本的に事故当時の収入を元に計算していきますが,年金を受給する前に亡くなってしまった場合,逸失利益を請求することは可能なのでしょうか?

この点については,すでに受給資格を取得していたなど,将来年金を受け取れることが確実であったような場合には請求が可能です。

以上のように,死亡事故が発生した場合,年金分についても逸失利益として損害賠償請求をすることが可能ですが,かなり複雑な問題もあります。

死亡事故が発生した場合には,損害賠償のプロである弁護士にご相談ください。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る