弁護士の選び方

千葉市の交通事故に強い弁護士とは 交通事故事件は,賠償金額の算定にあたって様々な法律的な問題が生じることがありますし,保険の仕組みや事故状況やケガの分析等が問題となることがあり,かなり専門的な分野です。

 そのため,どんな弁護士でも簡単に処理ができるというものではありません。

 それでは,交通事故に遭ったとき,どのような弁護士に依頼したらよいのでしょうか。

 ほとんどの方にとっては,法律事務所を普段利用することがあまりないかと思いますので,これから弁護士に依頼しようという方にとっては一番悩むところだと思います。

 

ホームページ上のアピールポイントについて 

 法律事務所を選ぶ際のポイントは,様々なものが考えられます。

 例えば,「これまでにこんなに実績がある!」,「医学に強い!」,「保険会社の代理人を務めていた!」等々。

 いずれも,あった方がよいのは間違いないでしょうが,こういった宣伝だけで交通事故に強い法律事務所であるかどうかを判断するのは難しいと思います。

 なぜなら,事件は1つとして同じものはなく,過去の実績や知識等が必ずしもご自身の件について活かされるかは分からないからです。

 例えば,医療関係者との連携をうたっていても,全件に外部の医師が関わっているわけではないでしょう。

 一応の参考程度に考えていただいた方が良いと思います。

経験による違い

 弁護士も,経験によって違いが生じてくることは言うまでもありません。

 では,この違いがどのようなところに出てくるかというと,自分の経験上では,①依頼を受けた段階での見通しの正確さ,②事件処理のスムーズさに現れてくると考えます。

見通しの正確さ

 1つ目の依頼時に把握する見通しについてですが,経験が浅い段階だと,「できる」ことには目がいくのですが,「できない」ことについては,なかなか分からないものです。

 「できる」ことの把握は,それほど難しくありません。依頼者の方の話をよく聞けば,「こういうところで困っている」ということが分かるはずなので,それを元にリサーチをすれば,できるかどうかはある程度分かります(本人の気付いていない損害があるような場合には注意が必要です)。

 これに対して,「できない」理由を依頼者本人が把握することは難しいため,話を聞いただけですぐに分かるわけではありません。様々な事件を対応してみて,専門書を読み込むことで,分かってくるものです。

 そのため,ある程度そういった経験を積んでくると,法律相談のときも「できない」理由がないかを頭においているため,「他にこういった事情はありませんか?」といった問題となりそうな事情についても先回りして聞くことができるようになってきます。

 その結果,依頼を受ける時点で,「こういう請求をすることができますが,実務上,この事情はマイナスに評価されることがありますので,獲得できる金額としては,この程度の幅を見ておいた方がいいと思います」といったご案内をすることができるようになります。

 これに対して,経験が浅いと,「こういう請求ができます。」というところまでしか言うことができません。一見すると頼もしいのですが,対応を進めていく中で,当初は想定しなかったようなことが相手から指摘されて分かり,結果として妥協せざるを得ないということが出てきます。

 結果だけを見ると,それほど変わらないということも多いと思いますが,経験があるかどうかで,当初の見通しどおりであったかどうかというところに差が出てきます(もちろん,経験を積んでも多少のずれは生じます)。

 当初期待していたものとかけ離れた結果となったときに,「まあ,しょうがないか」と簡単に受け入れることができるでしょうか?

 弁護士の経験は,最終的な結果への納得感に影響してきます。

事件処理のスムーズさ

 2つ目の,事件処理のスムーズさというのは,同じような事件を取り扱っていると,同じような事務処理をしなければならないことが多々出てきます。

 そのときに,経験が浅いと,その都度やり方を覚えたり,一から書類を作ったりしなければなりませんが,経験を積んでくると,どこにどういった問い合わせをしなければならないのか,どういう書式を使えばいいのかというノウハウが蓄積されてきますので,手続きがスムーズに進められるようになります。

 結果として,解決までの時間も早くなることが期待できます。

相談時のポイント

 このように考えると,交通事故に強い弁護士を事前に見分けるのはなかなか難しいですね。

 これを見極めるためには,まずは一度ご相談いただき,色々と話を聞いてみるのが一番です。

 相談に来られる方は,何か分からないことや困ったことがおありだと思いますが,ご相談の際は,そういった質問に対して弁護士が,

  1. 適切に回答をすることができるのか,
  2. 分かりやすい言葉で説明してくれるのか,
  3. 具体的な方策を示してくれるのか
  4. 裁判を含めて,どれくらいの費用でどこまで対応してくれるのか

 といった点に着目してください。

 交通事故事件は,ご依頼いただいた方にとって最良の結果を獲得しようと思うと,様々なことを考慮しなければなりません。

 これを自分の言葉で分かりやすく説明することができ,適切な方法をきちんと実行することができる弁護士であれば,交通事故に強い弁護士といえるのではないでしょうか。

 どんなに交渉を尽くしても,話し合いではまともな解決にならないような相手もいます。そのような場合に,裁判までは対応できないというようなところには依頼はしない方が良いと思います(裁判自体は可能でも,高額な追加費用の負担を求める等)。

 最終的には,印象の問題にもなりますが,当事務所では,上記のような点を心がけて日々業務を行っておりますので,一度お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る