治療など今後へのアドバイス

分かりにくい交通事故の細かい制度

分かりにくい交通事故の細かい制度交通事故は,めったに遭うことはありませんが,誰がいつ遭ってもおかしくないものであり,突然訪れるものでもあります。

そして,交通事故の場合,自分が加入する保険と相手が加入する保険,任意保険と強制保険,健康保険や労災保険といった社会保険に関して,
そのため,ほとんどの方にとっては,初めて経験することで,事前に十分は知識を持っているということはありません(私自身も,交通事故の業務に携わるまでは,保険の仕組みや賠償の流れについてほとんど知りませんでした。)。

交通事故の被害者は,そのような状態の中で,保険会社とやり取りを行い,自分の被害を回復しなければなりません。

 

保険会社は教えてくれない

賠償を行う保険会社は,必ずしも被害者にとって誠意のある対応をとってくれるわけではなく,一応の賠償金を支払って事件を終わらせることがその使命ですので,被害者に対して関係する制度を懇切丁寧に説明してくれたりすることは基本的にありません。

その結果,被害者はよくわからないまま示談をしてしまったり,適切な補償を受けられないといったことがしばしば見られます。

そこで,関係する各制度や賠償の流れ,その他適切に補償を受けるために必要なことをよく知ることがまずは必要となります。

これは,賠償金をしっかりと受け取るというだけではなく,自分で納得した上で手続きを進めるという意味でも重要なことです。

 

弁護士からのアドバイス

交通事故に遭ったときに弁護士に依頼するメリット事故直後に弁護士からご案内できることとしては,利用可能な各種制度のご案内や,治療を受ける際の注意点といったことの説明があります。

例えば,労災を利用すれば,加害者から補償されない部分が補償されるということもありますし,自分にも過失がある場合に健康保険を利用すれば,治療費の負担額を減らし,その他の部分で手厚く補償を受けるといったことも可能になります。

治療にあたっては,特に整骨院を利用した場合の注意点や,必要な検査を行い損害の証拠を残すことの重要性についてのご説明をさせていただきます。

その他にも,自分に過失がある場合の人身傷害保険の利用は,適切に利用することで非常に大きな補償額の違いとなることがありますので,きちんと理解しておくことが求められます。

こういったことは,後で知ったときには手遅れだったということも中にはありますので,お早目のご相談をおすすめします。

弁護士費用特約に加入されている方の場合,保険会社から弁護士費用が支払われることになりますので,初期の段階でご依頼されることを検討していただいてよいかと思いますし,弁護士費用特約に加入されていない方であっても,ご相談は無料でお受けしておりますので,まずは一度お問合せください。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る