死亡による逸失利益

 交通事故で被害者が亡くなられた場合,損害賠償の対象となるもの中で大きいものとして,死亡逸失利益というものがあります。

 死亡逸失利益とは,被害者が死亡していなかったら得られていたはずの収入を計算したもののことです。

 この計算も分かりにくい部分が多いところですので,ご説明します。

死亡逸失利益の計算方法

 死亡逸失利益は,以下の計算式で求めます。

 基礎収入×(1-生活費控除率)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数

 計算式自体は簡単なのですが,いずれも難しいところがありますので説明します。

①基礎収入

 死亡逸失利益は,死亡していなければ得られていたはずの収入のことですので,被害者ごとに,将来得られるはずであった収入の額は異なります。

 基本的には,事故前年の収入額を用いることになりますが,まだ仕事を始めていない学生や,今後大幅は増収が見込める若年の労働者の場合,一般的な労働者の平均賃金を用いることもあります。

②生活費の控除

 生活費の控除は,後遺障害逸失利益の計算の際には原則生じないものです。

 これが何かというと,文字通り,収入の中から,死亡していなければ発生していたはずの被害者本人の生活費を差し引くというものです。

 なぜこのような処理が必要となるかというと,損害賠償は,あくまでも被害を回復することを目的とするもので,被害者に利得を得させるものではないため,本来発生したはずの生活費の支出を免れたのであれば,その分賠償金額から差し引くべきであるとか,生活費は収入を得るための一種の必要経費であるため,差し引くべきであるといったことが考えられます。

 計算方法としては,実際に支出していた生活費を元に計算していく方法や,統計上の数値を用いることも考えられますが,実務上は,被害者の家庭内での立場,性別といった事情を元に,割合で差し引くことが一般的です。

 例えば実務でよく用いられる赤い本と呼ばれる本では,以下のような基準が示されています(日弁連交通事故相談センター東京支部編 損害賠償額算定基準 上巻(基準編)2018年版 159ページ)。

 被扶養者1人の場合 40%

 被扶養者2人以上の場合 30%

 女性(主婦,独身,幼児等を含む) 30%

 男性(独身,幼児等を含む) 50%

③中間利息の控除

ライプニッツ係数とは,中間利息を控除するための処理をされた数字です。

ライプニッツ係数に関する詳しい説明はこちらをご覧ください。→「後遺症による逸失利益」

ページの上部へ戻る